So-net無料ブログ作成
検索選択

お気楽にお読みください。

windy

曽野綾子氏語る「日々、小さな目的を果たす大事」から考えた相模原殺人事件 [日記・雑感]

7月27日水曜日朝、産経新聞の曽野綾子氏のコラム「透明な歳月の光」を早速読んだ。
「 」の部分は原文そのままです。


今回のタイトルは「日々、小さな目的を果たす大事」だった。日本の戦後の貧困時代を知る氏にとっては、「今でも、洗濯機がある時代に生まれただけで幸福だ」と言われる。時々若い人に笑われても、「その素朴な感謝を失っていない」とも書いてあった。


スポンサードリンク





私の小学校の低学年の頃、その頃も九州では都会だった福岡市からずっと田舎だったA市に引っ越してきた。家にあった初期の、ハンドルが付いた輪転機のような洗濯機を見に隣の人がわざわざやってきたのをおぼろげに思い出した。綺麗好きな母はその後何年も布団のシーツに糊をつけることもあり、大きな金たらいを使ってゴシゴシ洗っている姿も蘇ってきた。昨年、次姉から、母は外から帰ってきた小学生の私たちの足を小さなたらいかで洗ってくれていたと聞かされた。家にはお風呂がなく、すぐ近くの銭湯に通っていたから、多分お風呂に行かない日はそうしていたのだろうか?姉に言われるまでは、私自身、ーその記憶はこの歳になるまで意識される映像として思い出せなかった。普段、私はかなり幼少期や子供時代のことはよく覚えている方だと思い込んでいたが、母が実際にしてくれていた行為をはるか彼方に見失っていたことに済まないと思う気持ちとともに、母のかけてくれた日々の愛情が有難く、あの頃の貧しい生活に切なさを覚えた。

曽野氏はさらに、贅沢な日本になった頃、「退屈ほど辛いものはない」と語っていたある初老の婦人の話を挙げ、「私は毎朝、今日中にすることが山のようにあって幸せだとしみじみ思う」とかかれる。ここからが私がはっと思ったことがある。「どんなろくでもないことでも、目的は目的だ。人間は目的があれば、生き生きと暮らせる。」と言われている点です。この考え、信念のある氏は、「私は今、1日に1つだけ気になることを解決するのを習慣にしている。食器棚にこびりついた汚れを取るだけでも『1日1膳』で、大目的を果たしたようないい気分だ。」とあった。


スポンサードリンク





高齢者となった私は、これまでの人生で自分のやりたいこと、好きなことをどれだけやれたか大いに戸惑いを覚える。よそ様と比較すると際限がないのだが、さしてこれといった成功談も無く、いわゆる地位も名誉も無く、山あり谷ありの不器用な人生を噛み締めている今日この頃です。曽野氏はお若い時から一貫してこういう考えの持ち主なのか、それとも80代を超えての処世訓なのかはっきりとはわからないが、これまで華々しい思いや成功を遂げたことがなく、成功を遂げなければ人生に勝利したとは言えないという強迫観念が抜けない今の私にとり、食器棚の汚れを取るだけでも大目的だとする考え方や生き方に感じ入りました。曽野氏の『日々、小さな目的を果たす大事』はつい挫折感を覚える私にとって新鮮で重みのある言葉です。そしてこの言葉の示す生き方は、途中の説明を省くと、つい昨日Facebookで読んだ、アドラー心理学で有名な岸見先生のインタヴュー記事に載っていた「働いていても、働いていなくてもその人の価値は変わらない」の考え方に繋がっていて、人間の値打ちや生き方の姿勢を新鮮な切り口で示してくれました。

このブログを書いている前々日に、日本史上最悪と言われる単独による殺人事件がありました。この犯人は26歳の若者で、その人物像や動機について今メディアで色々と分析や調査がされていますが、大胆でざっくりとした見方をすれば、かなりの精神異常性があるにせよ、戦後社会や教育の影響大といえます。それは物質至上主義と成果主義の落とし子です。憶測ですが家族間の愛情や情緖がなく、自分の本当の存在が宙に浮き、私にもある強迫観念が彼の中では歯止めがなく膨れ上がり、あのように悪魔的行為に走ったのでしょう。彼が何かしら挫折や苦しみを感じた時に、例えばキリスト教や仏教といった宗教に人生の指針を求められていたら、こんな殺人に手を染めることはなかったかもしれません。

その人その人なりの小さな目的を持って生きる、それがどんな仕事でもこの世の中の誰かに役立っていることに意義や誇りが持てること。健常者であれ、障害者であれ、一人一人が生きている価値や意味があることを改めて思い知らされました。「日々小さな目的を果たす大事」の深い意味を知り、この事件を自分なりに考えることが出来ました。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

参議院議員選挙と東京都知事選挙 [社会]

ほんの1ヶ月前に行われた参議院議員選挙は、もう遥か前のことのように思われるが、それは繰り返される隣国中国の挑発的な行為、ヨーロッパやアジアで頻発するテロによって一般庶民の脳みそも揺さぶられているせいなのだろうか、この暑さによるのだろうか?

先月6月22日公示で7月10日に投開票された参議院議員選挙は、厳しい湿気と暑さの中で活動が行われた。選挙の結果、自民党は、242議席の中、121を獲得した。そのうち、比例代表では、独立総合研究所の青山繁晴氏が2位で早々と当選し481,890の票を獲得した。この票には私の1票が入っています。
青山氏曰く、お金(報酬)も得ず、地位も名誉もなく、全くのボランティアでやる事が、本当の政治家のあり方だという。このことをどこの場所でも一貫して主張されていた。選挙にあたっては、いかなる個人や団体からも一切一円も寄付金を受け付けないという徹底ぶりで、この寄付金に関してはそこまでしないといけないのかと多少疑問を感じましたが、ある一部を緩めると主張がぶれてくることになりかねないものだと思い直しました。青山氏のように純粋に自分の主義主張による有言実行の選挙を展開する人物を見るのは初めてのことで、しかも今回の選挙ではネットで選挙中の演説を追っかけのように全部チェックすることも可能でした。これはネット時代の良さだと思います。テレビやラジオ、新聞、雑誌といった、いわゆるメディアに解釈を任せた、コントロールされる選挙にはなりにくい選挙になっていくでしょう。もちろん、デマや扇動はつきものですが、ネット視聴者は切り張りの記事や写真ではなく、自分で検索していけるのですから候補者を選ぶ材料がぐっと増すことになります。


スポンサードリンク





青山氏は選挙を終わる頃でしたか、「選挙って意外とお金がかからないものですね」と感想を述べていました。候補者の青山氏、独立総合研究所から休暇(休職)中の女性社員1名、運転手、選挙カー1台(各地で臨時のサポーター、ボランティアらしき人たちは画面でも見えましたが)ぐらいで選挙活動を完遂されました。選挙の出だしで事故を起こされ、この先どうなるのかと案じられましたが、その日から首にサポーターを巻き声を枯らしてもなお人々に訴え続ける青山氏の闘いぶりにジーンと胸が高鳴りました。これほど気骨のある人、男性には多分生まれてから出会ったことはありません。

① 拉致被害者を取り返す
② 日本の農業を盛り返す
③ 日本国自前の資源、メタンハイグレードを実用化する

この究極の目的の為、青山氏はいよいよ国会の場で私たち国民をリードしていくことになる 、と青山氏に投票した人は熱い期待を持っています。


スポンサードリンク





さて現在進行形の東京都知事選挙では、今の時点で小池氏がリードして増田氏が追いかける形だという。鳥越氏は二人に比べると劣勢です。小池氏は、自民党内をわたり鳥的な動き方をしてかなり人気がなく積極的な協力を得られないのが欠点。増田氏はなんと青山氏がある点で評価されていて意外でしたが、岩手県知事時代に県の借金を2倍にした事実があるとFacebookや他のメディアで読みました。鳥越氏に対しては、最初からその能力、現在の思考力に疑問がありました。テレビで見た、聞いただけで、76才という高齢、健康状態をそのまま露呈したしどろもどろの滑舌に、都知事なぞと言う重責を担えないことは明らかです。どこかで誰かが言っていましたが、マスコミはマスコミ出身の鳥越氏の実態を無視しえこひいきしているのか!とあきれてしまいます。週刊文春の記事で攻撃されるために出馬したのかと後から言われかねませんね。
都知事選挙での最大の過ちは他の多数の候補者がほとんど取り上げられないことです。この偏りはおかしいです。

さて、選挙とそのけっかには目を離せません。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース