So-net無料ブログ作成

お気楽にお読みください。

windy

塩野七生氏語る「原爆投下への謝罪問題」 [社会]

戦後71年も経った今、現職の大統領オバマ氏による広島訪問とそのスピーチは、原爆投下に対する戦勝国アメリカと敗戦国日本の国民の意識の変化の表れが産んだ内容でした。

先ず、アメリカ側の変化から考えてみました。

その① アメリカの世論調査によると、今だに国民の半数近くは(2度の)原爆の使用は正しい決断だったと思っていますが、徐々に誤った決断だったと考える人が増えて来て、年代別にみると若い人にその傾向があるという流れがあります。

その② 現職のオバマ大統領は、7年前のプラハ演説が基となり、かのノーベル平和賞を受賞した人物であり、任期もあと僅かで心理的にも国内外的にもかなり広島訪問をしやすい背景を持っていた。

その③ これは私的な意見が色濃くなりますが、オバマ氏は何世代にもわたり差別を受けてきた初の黒人大統領であるが故に、アメリカのみならず世界に向けて平和や原爆忌避をより訴えやすく、単純に考えても国内外的に反発を受けにくいと暗黙のうちに彼自身も世の中の人々も了解していると思われる。

もちろんこれ以外に、日本政府による長年(数年?)にわたる交渉や要請が積み重ねられていたと思いますが。

敗戦間際に(ここは注目してほしい点です)原爆の被害を受けた日本国民の私としては、何故71年も時間が経ってからなのかと歯がゆい思いがしますが、取り敢えず謝罪無き訪問にせよ今後の日米関係にとってオバマ氏の言う「目覚め」の一歩になる点で評価します。


スポンサードリンク





さて、次は日本の立場ですが、今回の広島訪問に際して各界から、被爆者から、いろいろな方から「謝罪があるべきか否か」の様々な意見が出ました。個人的には、大統領は簡単には謝罪しないだろうし、言葉だけの綺麗事でこの悲惨な事実を表現されても納得できないという感情がありました。ただ広島訪問が記憶と歴史に残る事実は意味があると思っていました。

政府側は、水面下で謝罪は求めないということで再々要請していたとネットで読みました。マスコミの取材やネットの記事などを見ていると、前述の多数の意見、考えの内容が、謝罪なしの訪問で構わないという日本人的な?受け入れ方をほぼ支持するか容認しているのが感じられました。そこには政府側やマスコミの操作誘導も働いたのでしょう。


スポンサードリンク





このブログのタイトルは、塩野七生氏が語る「謝罪問題」です。これは、検索中に【朝日新聞デジタル】(5月25日6時49分付)の中で見つけたものです。日時で分かるように、広島訪問が近づく中で塩野氏が朝日新聞の編集委員の電話インタヴューに答えているものです。さすが古代ギリシャ、ローマから2000年以上にわたる歴史を扱う作家であるだけに客観的で現実的な見解を示され、非常に共感を覚えてここで要約して取り上げます。記事の引用や引用とほぼ同じ箇所はカッコをつけているのであしからず。


タイトル【 オバマ氏に謝罪求めぬ日本、塩野七生さんは「大変良い」】

オバマ氏の広島訪問は、ローマの自宅でテレビのテロップで流れるニュースを見て知り、久方ぶりの日本外交にとってのうれしいニュースだと思い、「特に日本側が『謝罪を求めない』といっているのが、大変に良い」その理由は、「謝罪を求めず、無言で静かに迎える方が、断じて品位の高さを強く印象付ける」からだ。広島訪問だけなら、野球でいえばヒットに過ぎないが、『謝罪を求めない』とした一事こそ、このヒットを我が日本の得点に結びつける鍵がある。ここには『逆転の思考』がある。これは悪賢い人しかできない思考だが、『トロイの木馬』の歴史上の例にあるように、善意のみで動くのでなく悪賢く立ち回った人物が結局は人間世界にとっても良い結果をもたらすことになる。

••••••••米国の現職の大統領が広島に訪問する意味を問われると

息子に広島を見せる目的で一緒に訪問した時の体験ーーイタリア人の息子は原爆ドーム、平和記念資料館を隅々まで見て、原爆死没者慰霊碑の前に立っている間もその後もずっと、一言も発しなかった。自分も同じように、被爆者たちは、70年後を生きる我々に通りいっぺんの謝罪よりも被爆地を自ら見て回り、感じたり考えてくれる事を望んでいるのではと思う。

•••••••••ヨーロッパ諸国から「物わかりの良すぎる国だ」と思われる心配はないか?

少し前に、アジアの二つの強国のトップが、ヨーロッパ諸国を歴訪して日本の悪事ばかりでなく、謝罪を要求する非難をしてまわったが、その結果は迎えた政府は聞き流し、マスコミもそのまま「スルー」だった。旧植民地帝国の集まりみたいな、旧植民地側からすれば悪事を働き続けた歴史を持つヨーロッパが謝罪などすべきだと思ってもいない。この二つの国は外交感覚が救い難く欠如している。この二国をみても、『謝罪を求めない』日本の対応に品位の差を感じ取るかもしれない。

••••••••••日本の対応はどうすれば良いか?

70年後とはいえ、原爆を投下した国の大統領が広島に来ると決めたのだから、当日はデモや集会などは一切やめて、静かに大人のやり方で迎えてほしい。日本人の国民性から言っても、無言で静かに振る舞う方が品格を示す事になる。

••••••••••最後に(塩野氏は、自分の方から新聞やマスコミにも注文をつけました)

オバマ大統領の広島訪問を伝える日の一面には、1枚だけを選んで載せる。『無言で立ち尽くす米国大統領オバマ』だけにします。頭を下げる姿の大統領は(もしそうしたとしても)絶対に載せない。それは、その大統領の振る舞いに釈然としないアメリカ人に『日本だって真珠湾を攻撃したではないか』などと文句を与える言質を与えないためです。記事も大統領の工程を記すだけ、余計な記事は排除、社説に至ってはお休みにしていただく。その他の写真の説明も極力抑え簡単にする。(インタヴューをしている記者に対して)新聞記者として、時には多言よりも無言の方が多くを語る、という人間世界の真実を思い起こしてほしいんですね。伝わる人には伝わります。


イタリアでも、原爆投下の日には、毎年、テレビは特別番組を放送します。心を痛めている人が少なくないという証しだからアメリカにも多いに違いない。今回の訪問は、自分たちの心の痛みは正当だったと思わせる効果があり、感受性の豊かな人たちも自然に広島や長崎に向かうようになる。(原爆死没者慰霊碑の碑文は、主語のない文として、誰がどういう過ちを繰り返さぬ、と言っているのかよく論争の的になっていますが、塩野氏曰く)日本人だけの『誓い』ではなく、世界人類の『誓い』に昇華していくことも夢ではなくなる。

以上、要約と言いながらつい長くなってしまいましたが、歴史を知る塩野氏の冷静で透徹した見方によれば、今回のオバマ大統領の広島訪問がわずか50分だったにせよ、日本はもちろん、世界の人々に広島や長崎の惨苦をもっと身近に伝える働きがあること、その先には、あの意味が曖昧な釈然としない碑文が、日本の被虐的な思考から世界人類の『誓い』へと転じていく可能性があると感じ取れ、ちょっとした意外さを覚えた次第です。

新作への執筆で、今はとても人に会える状態ではないと言われ、電話でインタヴューに応じられたという事ですが、これからも氏の作品や見解には注目していきたいと思っています。


スポンサードリンク






コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

舛添都知事に見て欲しい映画『殿、利息でござる』•••••実在の無私無欲の日本人 [映画]

5月14日公開の映画『殿、利息でござる』を早速見て来ました。

予告編を見て単純に面白そうだなと思ったのと、先週末に【徹子の部屋】に主演の阿部サダヲさんが出ていて、その軽妙なトークの中で彼の初の時代劇主演と知り、益々期待が増しました。

この映画は、笑いあり、涙ありのコメディータッチの映画の相を呈していますが、「これは実話です」というフレーズが添えられています。ネットで見ると、江戸中後半期の仙台藩内・吉岡宿の穀田屋十三郎達が成した行動を描いたとあります。磯田道史の原作「 無私の日本人 」の一編【 穀田屋十三郎】が元になっているそうです。


スポンサードリンク





****舛添都知事に観てもらい、感想を求めたい映画***

映画を見ていくうちに、そして見終わったあとに、なんという無私無欲の日本人がいたのか!という感慨と驚きがありました。それと同時に、折しも13日の金曜日に政治資金流用の釈明記者会見をした舛添都知事が対照的な真反対の人物として頭に浮かび上がりました。舛添都知事には日本人の「恥」という観念がないのか、と思いました。丁度、17日火曜日の「虎ノ門ニュース 」出演の百田尚樹氏が、この人には「恥」という概念がない!と、全く同じ意見を述べられたので我が意を得たりという思いです。主人公穀田屋十三郎とその志を同じくする仲間達の生き方を見て、私には「滅私奉公」、「無私無欲」という四文字が浮かびました。前者の「滅私奉公」は本来奉公人の姿勢や生き方を示す言葉と思いますが、穀田屋十三郎は正に私(わたくし)を無にし、公(自分の村や住民)のために持てるものを進んで投げ出すという徹底した公人の生き方そのものです。権力に溺れ、公金を欲望に任せて費う舛添氏は「厚顔無恥」という四文字がはまりました。先週の記者会見以降も、元妻の片山さつき氏や元愛人の母親、元新党の関係者から次から次に暴かれる実態をネット上で読むと、その私的公的モラルの低さは明白です。この映画にある実在の人たちからすれば想像もできない品性、人間性でしょう。舛添氏にはこの映画を観てもらい、感想を求めたい。たとえ、この人が記者会見の時のように言葉を繕ったとしても、そこに見える人間性を確認したい。


***ストーリーの一部***

江戸中期明和の時代(240年前)、仙台藩にある吉岡宿(村か町くらいの規模)は、飢饉もある中、藩への年貢、さらには無償で提供する伝馬役という課役もあり疲弊していた。かねてから自分の住む吉岡宿の現状を深く案じていた穀田屋十三郎(阿部サダヲ)は、知恵者の菅原屋篤平治(瑛太)から、当時としても奇策と言える「取られる側から取る側」に換わる【お上への金貸し】という逆転の発想を聞きつけ、思わず唸ってしまうがその場で決断する。先ず自分から私財を投げ出し、仲間集めに奔走する。普通ならば、自分や家が儲かる話につながっていくと思うが、元より私利私慾はなく、藩への貸付金から得られる利子を一銭残らず伝馬役や住民への資金に当てるのが目的であった。何とただただ差し出すだけの行為である。協力者を一人づつ当たっていく中、当然ながら金銭欲や名誉欲にかられ仲間に入ってくるものもいたが、十三郎は無論、ほとんどが無私無欲の志で全ては吉岡宿全体のために私財をギリギリまで投げ出した。藩に嘆願書を出し、上納という貸付が認められるまでに紆余曲折があるが、そこは映画を観る面白さとなっている。話はここで止まらず、何がしかの見返りや報酬は一切求めず、自分たちの救済の事実すら子孫代々口外せぬ、集会などの公的な場所では末席に座る、通りでは目立たぬように端を歩くなどと、徹底した滅私の戒めを自分たちに課した。戦後生まれの私としてはここまで謙(へりくだ)らないといけないのかと思ってしまう。しかし、これが古文書に記録されていることだから、私たち日本人の祖先は実際にこういう生き方を良しとしたのでしょう。

穀田屋十三郎を含めて庶民の9人が足掛け6年かけて、今のお金で三億円もの大金をかき集め、とうとう藩への交渉が始まるわけですが、江戸時代の身分階級社会でなかなかスムーズにはいきません。最終的には穀田屋達の一念を貫き通す思いが叶います。映画の最後のナレーションで、吉岡宿はそれ以後何十年にも渡り(一時期、藩からいきなり打ち切りがあった)江戸時代末まで、藩からもらう利子のお陰で以前のように疲弊することはなかったと知らされた。借金を反故にせず、利子を払い続けた藩にも感心しました。


スポンサードリンク





***見所***

主人公穀田屋十三郎には長年の疑念というか、トラウマがありました。長男の自分がなぜ養子に出され、弟が家を継いだのか?ということです。十三郎の父親である浅野屋甚内、そして吉岡宿で一番しみったれのケチと言われている弟の本当の姿と秘密は映画を観る人のためにあります。

この映画のキャストもよく考えられていました。男性ばかりの登場人物の中に、史実にはない飯屋の女将として【竹内結子】を入れたところは、華のあるアクセントになり成功していると思います。

冷酷で計算高い役人を演じる松田龍平もなかなか味が出て適役でした。一番意外な配役ながらとても好感が持てたのは、伊達藩主重村を演じたあのスケーター羽生弦詰でした。若い殿様役ですが、凛々しくて新鮮でそつなく演じていてびっくりです。


***再び、舛添都知事について***

記者会見での舛添都知事の回答を聞くと、権勢を振るう立場に乗っかり余りの公私の区別もなさ、権威主義、筋の通らぬ言い訳に終始していて幻滅しました。私的流用の疑いをかけられた公金は全額返金、と同時に、今回の指摘が陰謀や単なる中傷でないなら、疑いを持たれたこと自体を恥じて辞任すべきだというのは厳しいでしょうか?これが穀田屋十三郎の生きた江戸時代ならば、公金横領で切腹ものでしょう。前述の百田尚樹氏も「虎ノ門ニュース」で同じことを言っておられました。

舛添氏は東大卒の頭脳も冴えて、能力やキャリアも高いということから都民も選挙で選んだと思いますが、今回ネットで調べると、普通一般の人間から見ても私人、公人としても問題ありです。こういう人物を再び都知事に選ぶことがないよう、都民も日本人全体も選挙民として猛省しないといけないです。


***最後に***

穀田屋十三郎とその仲間達の驚くべき善行はこうして後の世の日本の社会や日本人のあり方を問いかける鏡となる事に感動しました。この映画の意味はここにあります。しかし、映画でも触れられていたのですが、彼らの行動や生き方の源は、浅野屋甚内が日常に繰り返し説いていた陽明学の教えにあるとわかりました。(陽明学に興味が湧きました) 人はかくあるべき、という先代の父親が説いていた教えが、いつの間にか皮膚感覚で息子に伝わっていた教育の偉大な効果を感じました。まさに、人は家庭を含めた教え、教育によって形成されるのです。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「 追憶の森」 富士の樹海は理想の死に場所? [映画]

大型連休は無いものの、ミニ連休の初日の3日に、ごく最近まで予定はなかったのですが、映画「追憶の森」を観ました。次のことに促されたからです。

① テレビか予告動画でほんの一、二回、渡辺謙さんがこの映画について語るシーンを見たからです。
( やはり、自分というか、人間というのは視覚に訴えられるとその感覚が強烈で動かされやすいのだと思いますね。)

② 謙さんとあのマシュー・マコノヒーの2人の絡み合いのシーンがほとんどを占める

③ 場所は、日本のあの自殺の名所、富士山の麓の【樹海の森】らしい


ここまで揃えば、多少ネットでの映画の評価が低くてもどれどれ見てみようという気になるものです。

見終わっていつものごとくネットで検索すると、監督はあの「グッドウィルハンティング」を撮ったガス・ヴァン・サントだと知り、ちょっと驚きでした。「グッドウィルハンティング」は、トラウマや挫折を抱えた若者の再出発を描いていたが、その視点から今回の映画を振り返ると共通するものが感じられる。また、わたくし的には主演のマシュー・マコノヒーは気に入りの俳優でもないのだが、何故この映画のオファーを受けて出演したのか、という理由は5月4日付の【リアルサウンド】(牛津厚信氏)を読んでみるとその辺りの経緯や推察がよく出されていて面白い。

【リアルサウンド】によると、
マシュー・マコノヒーは90年代後半にデヴューし(1961年生)、一時かなりのブランクを経て「リンカーン弁護士」(2011年)を始め2、3の作品で勢いを盛り返し、「ダラス・バイヤーズクラブ」(2013年)でアカデミー賞主演男優賞を獲得した。私は残念ながら若い頃の彼しか見ておらず、今回の眼鏡をかけうすら髭の生えた中年男性の顔に面影をなんとか合わせようと画面を追っていたが、記憶の中の彼の顔立ちではなかった。2、30年も経つのだからそれはちょっと酷だったかもしれないが、役どころなのか年齢を経た男性として別の人の風貌に変わっていた。撮影当時の年齢53才にしては若さを保っている姿で決して悪い意味ではない。


スポンサードリンク





この作品は、アカデミー賞を受賞した「ダラス・バイヤーズクラブ」の公開前に演じた映画ということです。共演の渡辺謙はマシュー主演「インターステラー」の監督の常連で、「インターステラー」出演者のマット・デイモンは、「追憶の森」のメガホンを取ったガス監督が「グッドウィルハンティング旅立ち」で一躍有名になった俳優です。映画業界は、このように何処かで誰かと繋がっている集合体だとよくわかる。何だか俗っぽい表現かもしれないが、営業マンが取引先の社長から別ルートを紹介されて自分の販路を広げようとした、という感じがふと湧いた。(これって小市民の発想?)

映画の原題は、【 The Sea of Trees 】で、文字通り邦題を【樹海】とすると、日本の観客にとってみれば、はなからおどろおどろしさを感じ、内容からしてやはり【 追憶の森 】がふさわしいかもしれない。一方、海外の観客からすれば、【 The See of Trees 】(樹海)の原題の方がかえってストレートで効果的である。言葉の持つ意味は、このように国や社会文化で変容するという実例でしょう。


スポンサードリンク





配役に対しての違和感は覚えなかったが、ストーリーの流れ、描き方に無理を感じた。 111分という割と短めの時間のせいもあると思うが、主人公のアーサーが、妻との不協和音に始まる一連の不幸の中で、ついに自殺をしようと思い至るまでの精神的葛藤や内面の動きが深く丁寧に描かれていないため、観客は彼の選択にあまり共鳴できない点である。彼の行為に説得力があまり無い。そもそも、病を患った妻ジョーンが夫のアーサーに、病院のベッドではなく「理想的な死に場所」(字幕スーパーのまま)で死んで欲しいと願い、アーサーもそれに約束をする場面がしっくりこなかった。我々日本人の場合、人はよく畳の上で死にたいと言いますが、字幕の「理想的な死に場所」という和訳はむしろ「一番ふさわしい死に場所」としたほうがいいのでは?と見ている時に気になりました。ジョーンの言葉が唐突にしかもあまり脈絡もなく出てきた感じで、私にはしっくりとこなかった。この言葉が出て来る心情や必然性がいまひとつ掴めなかったのです。合わせて、アーサーが彼女のいう「理想的な死に場所」、つまり"the perfect place to die" をネットで検索しヒットした青木ヶ原の樹海のサイトに見入るところは分かりますが、いかにグローバル化した時代とはいえ、アメリカのとある空港からはるばる日本にまで所持品もほとんど持たずやってくるところなど、現実的で無いと思われました。そのリアリティーの無さを他に感じたのは、ネタバレになるのであえていいませんが、自殺の影から逃れ生を取り戻したアーサーが再びアメリカに戻り、多分長期の不在となった期間をどうクリアしたのか以前の講師の仕事にすんなり復職していたところです。

『結論』
登場人物の行動や心情にリアリティーや説得力が欠けるところはありますが、追憶の森に入っていくところから、そして渡辺謙演じるタクミという中年男性との遭遇や絡みのシーンでは飽きさせないセリフの掛け合いがあった。タクミというなにやら説明のできない謎の人物がアーサーの囚われの心を溶かしていくところが興味深く、最後に先に樹海の森を脱出できたアーサーが再びタクミを探しに森の中に入りそこで見たものはこの映画のハイライトのシーンだと思う。
森で見つけた花が気になっていましたが、花に詳しくはなくともあれは胡蝶蘭、薄黄色の混じった白い胡蝶蘭だったと思っています。コチョウランの花言葉に、「純粋な愛」がありました。監督はこれを知ってこの花を使ったのでしょうか?これは一つの謎ですね。

総体的に見て、この映画の評価は[☆]?[☆]?[☆]?の星3つです。カンヌ映画祭ではブーイングをかけられるほど不評だったそうですが、キャストは良かったこと、森の中でのアーサーとタクミの対話シーンが良かったことで、説得力に欠けた出来栄えながら3つにしました。

最後に、英文サイトを読んでいてわかったこと。この事は映画を鑑賞した人の何パーセントが知っているのでしょう?日本の青木ヶ原の【樹海】が主な舞台になっているのに、実はそこでロケはせずにアメリカのマサチューセッツ州にある森の中で撮影したとのこと、2014年9月に撮影したと掲載されていました。えっー!!と驚いてしまいました。どうして近場で撮ってしまったのか?もし、本当に日本の青木ヶ原で撮っていたら、本物の雰囲気がにじみ出てカンヌ映画祭でのブーイングも減ったのでは?と余計ながら思ってしまいました。(映画の最後のテロップをよく読む人にはバレバレでしたでしょうが)


スポンサードリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。