So-net無料ブログ作成

お気楽にお読みください。

windy

塩野七生氏、息子アントニオ・シモーネ氏と映画を語る [本のレヴュー]

塩野七生氏は昔から好きな作家の一人です。今回、ネット検索中にこの本の存在を知り早速読んでみました。

「書物と映画は同格」という考えを持つ歴史作家の塩野七生氏と、その教育を与えられた映画製作の現場に携わる息子アントニオ・シモーネ氏の対話形式による映画評論と成っています。前書きにあるように、二人の会話を録音したものをシモーネ氏が英語の原稿に起こし、シモーネ氏の発言の所々を修正しつつ塩野氏が日本語訳をつけるという手法を選んだらしい。そのせいか、語り口、切り口に塩野氏のいつもの文のスタイルが感じられます。

塩野氏の長年の映画への愛着は歴史を眺めるが如く客観性に満ち、片やシモーネ氏は、映画業界の専門的知識や裏表の情報に精通しつつ、同時に、想像される年齢の若者としては驚く程人間やこの世界を観る目が深い洞察力を持ち備えています。


スポンサードリンク





塩野氏の提起する映画やテーマに従って会話は進み、二人のコメントはオタクっぽい会話ではなく、この世界に生きた、生きている人間そのもの、思想、政治や経済に至るまで深くえぐって目の前にさらしてくれます。まさに映画とは、この世を映す鏡で、映像や音声を伴う書物と言えるでしょう。この二人が親子関係にあるという予備知識が無ければ、成熟した映画評論家の知的な上質の会話を聞いているようです。

60作以上にのぼる、イタリア、アメリカ、ドイツ、そして日本の映画を取り上げていますが、映画へのアプローチや解釈が刺激的で、この本は改めて映画の醍醐味、奥深さを教えてくれています。それと共に、お二人の関係が、お互いを認め合った意識の高さと知的内容を共有できる親子関係にあることが、新鮮な驚きであり、羨ましくも思えました。塩野氏は、数多の歴史物語、息の長い長編を書きつつ、人間や事象を観る眼の確かな成熟した男性を産み育てたのですから、本当に恐れ入りました。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

山極寿一著「野生のゴリラと再会する」を読んで [本のレヴュー]

昔、とても仲良く遊んでいた小学5,6年生の男の子に26年ぶりに会いに行くと言ったら、誰しも懐かしさがこみ上げてくると思う。その子がルワンダの山奥に住む野生のゴリラだとしたら、特別な感慨が湧いてくるはずです。

ゴリラ研究者、山極氏は当のタイタスは絶対に自分のことを覚えていると確信していたものの、26年間の世情やゴリラを取り巻く環境の移り変わりがあり小さな不安があった。タイタスたちの群れを調査していたころは、1日中朝から晩までゴリラのそばにいられたのに、1回につき1時間だけ、常に7m以上離れているという厳しい制約を受けて山に入っていった。すると、すぐに20m先のタイタスを見つけてしまう。

最初のころ、一人でアフリカの見知らぬ森を歩いているととても緊張していたが、ゴリラの後を追って生態も分かってくると次第に一人でいる不安がなくなっていく様子に、ジャングルの近くさえ言ったことのない私でも同じ体験を想像して新鮮な共感を覚えた。

一人しかいない人間の山極氏がゴリラ同士の「あいさつの声」を覚えたばかりでなく、ゴリラのようにふるまい、ゴリラのような声を出すまでになり、すっかり彼らを信頼し、彼らも温かく受け入れてくれたと感じたことに驚きました。ここまで実感できた体験を「ゴリラの国に留学してきた」と表現されていることから霊長類学者としての謙虚な姿勢を感じます。


スポンサードリンク





そもそも、この本を手に取ってみたのは、氏の学問のための調査のやりかた、アプローチの仕方に興味があったからです。タイタスのいる【グループ4】の群れの一頭ごとの観察を読むとまるで人間のように個性を持った生き物として感じられ、今まで何となく恐ろしげで得体のしれなかったゴリラという動物にほのぼのとした親近感が持てました。中でも、【タイタスと二人だけの二時間】は、貴重で稀有な体験談でここで触れるのは勿体ない位の話です。


親密な稀有な2時間を共有したこともある子供だったタイタスが、今や人間でいえば60才を超え寿命も尽きようとしていたころ、氏と再会し昔のことを思い出したことを全身で表して証明してくれた場面は感動的です。そのことが本の最後の一文の「わたしは、人間以外の世界にも生きていたのである。」によく凝縮されています。


この本は最初から子供も視野に置き公文出版から出されているため、ゴリラの生態、行動が分かりやすく解説されたゴリラ学の入門書とも言え、意外な知識も得られました。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

申年を迎え、山極寿一氏のゴリラ学を考える [日記・雑感]

先月と言っても昨年の12月末、京都大学であった行事に出かけ、類人猿学、ゴリラの研究で有名な山極大学総長の25分という短い講演を聴き、とても印象深いものがありました。

今年の干支はたまたま申だという面白い巡り合わせも感じながら、その後京大のホームページ上の大学総長へのインタビュー動画やyoutube動画を2、3視聴し、心に留めたものをまとめてみました。

先に結論をいえば、

① 人間を知るために、ヒトに近いゴリラを知りたい、探検したい、アフリカに行きたいとの思いで
研究を始めた

② ゴリラは大きい割に(体重200kg以上)抑制力がある

③ 我々人間は、ゴリラのように負けないでいる事と勝ちたい事を混同している


④ 言葉の使用と人間の脳の関係
⇨人間の脳(新皮質)が進化した後に、言葉の使用が始まった

⑤ 資本主義も科学技術も限界に来ている現代は、個人の利益追求よりも「集団」(社会)に振り子を戻す べき

⑥ 大学の使命 ⇨ 学生が社会や世の中のためになることを得て出ていくこと


スポンサードリンク






① について

人間を追いかけていくだけでは人間は分からない、人間以外のものを知る必要がある。
最初は、人間の由来を知るためにサルを観察、研究した。しかしながらサルは人間より遠いので、
人間に近いゴリラを対象として選ぶ。子供の頃から探検心があり、アフリカに行きたいという気持ち もあり、合計で6年間アフリカで過ごすことになる。この話を聞きながら、26日に「実感するサイエンス」で講演されたELSIの高井 研 主任研究者の話を思い出しました。高井氏は、地球を知るために地球以外の星、宇宙を研究している、と言われました。科学者の研究姿勢、立ち位置とはこういうものなのかと感じました。


② について

ゴリラは図体がでかい割に抑制力がある、そのことに圧倒された。


③ について

人間は実は大きな集団で抑制力を持って生活している。しかし、現代の人間は、負けないでいる事と勝ちたい事を混同している。この2つのゴールは違う。勝つには相手を屈服させないといけない ⇨ 人間にとってこの世は生きづらい社会だ。これはニホンザルに近い社会となっている。ゴリラの集団(社会)は、力の強い者が抑制する。元々は人間もそういう社会を作ったはずだ。ところが、今の我々を見ると、先に(何かを)取る方が偉い、先に何かする方が偉い、相手に勝つことが偉い、こういったことは、ゴリラからすると間違っている。この話を進めて行くと、山極氏が言われるように、今の「いじめ問題」に繋がると思います。親も子も、社会全体が勝ちたい、勝たなければならないという強迫観念に囚われているのではと思えます。勝つ者がいるということは、同時に負ける者がいるということです。私たちは今の社会のピーンと張り詰めた緊張関係の中にいて、勝ち組、負け組のいずれに属していても本当は平安な気持ちにはなれないのが真実ではないでしょうか、そんなことを改めて考えさせられました。

スポンサードリンク





④ について

この事は今回初めて知ったことですが、
人間は言葉の使用を始めてから脳が大きくなっていったのではなく、150人ほどの集団を認識できるようになってずっと後で言葉が生まれた。それまではコトバでないコミュニケーションを使っていた。例えば、音楽的コミュニケーションである。音楽は意味ではなく、感情をそのまま伝える一番シンプルな手段である。赤ちゃんには子守唄を歌ってあげるのもその例である。
人間の脳が大きくなった訳は、脳に占める新皮質を調べてわかったことだが、人間の作る集団の大きさによるという。つまり、脳は社会的な脳として、集団の大きさに応じて進化してきた。


⑤ について

資本主義も科学技術も個人の利益、能力を追求してきたと同時に、時間をかけて人間関係を壊してきた。余談のようだが、家庭での「食べる」という行為は、単に栄養を摂るというだけでなく、家族と過ごす大切なコミュニケーションである。それなのに孤食という言葉も生まれるほど崩壊してきている。
この例に限らず、色々な面で、今や資本主義の限界にきている。いくら個人の能力を高めても、社会自体は豊かにならない。個人よりも社会の方に振り子を戻すべきである。本当の自己実現とは、社会の為、世の中の為になることをやることである。


⑥ について

大学は企業と違い利益を追求するところではない。大学と企業は全く別の組織である。18〜22才の頃の多感な若者に対し、可能性の保証をしてあげなくてはならない。高校とは、基礎の知識を教える所、大学は、多様な知識をどのように組み合わせて発想していくかが求められる所。実践、思考、発想を学んで、社会や世の中の為になる内容を持って出ていくことが大学の使命だと、山極氏ははっきり発言されています。同時に、大学の教員の役割も明確に述べておられ、高校の教員と特に違う点は、教える立場ではなく協力する立場であり、研究者でなくてはならないと言っておられるところです。


以上、大まかにまとめましたが、ゴリラ社会から現代の資本主義の限界を考察し、動物にはなく人間のみが有する「集団のために尽くす」という行為を、今の人びとや大学生に広げ求めていく科学的思考に地に足のついた姿勢を大いに感じました。動画もそして氏の書かれた本もお勧めです。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。