So-net無料ブログ作成

お気楽にお読みください。

windy

上横手雅敬京大名誉教授のセミナー•••••「平家物語」を読む [評論&講演]

昨年11月1日という日に京都アスニーで開催された「 古典の祭典 2016 」に出かけました。

昼からの第2部で、上横手雅敬京大名誉教授の講演【「平家物語」と平清盛】、並びに荒尾 努奏者による【平曲(平家琵琶)平家の語りと琵琶の調べ】を聴く事が出来、学生時代に受けた古典の授業とは意趣の異なる時代や人物像に迫る解説や、例の「祇園精舎の鐘の音、、、、」で始まる有名な平家物語の文を生の平家琵琶の演奏で聞けて【古典の日】と制定されている11月1日にふさわしい時間を過ごせました。


珍しい平家琵琶の演奏はこの日だけの特別演奏でしたが、「平家物語」のセミナーは京都アスニーで毎月一回開かれていると分かり、翌月12月から1月、2月と連続受講しています。講演者の上横手先生は後からネット上で調べると日本中世史研究の第一人者と言われる方で、素人の私から見ても、「成る程、だからあんなに使われる資料も解釈も多岐に渡っているのか!」と感じました。先生はずっと後ろの座席から拝見すると、70才くらいの方かなと思っていましたら、あとで現在84才と知り、びっくりでした。80代の方と見えない「気」、「気迫」というエネルギーを感じたせいでしょう。大学は退官されているといえ、中世史という学問への長年の情熱がなせる技かと思います。



スポンサードリンク





一方、受けている人たちはほとんど皆と言って良いくらい高齢者です。正直びっくりしました!平日の昼間の時間帯ともなれば、若者や育児で忙しい主婦や働き手の青壮年者は来れないのは分かります。高齢者(かくいう私も)の方達の熱い学習意欲、知的好奇心には圧倒されますが、日本人の他の年代層の人たちにも私たちの遠い祖先の歴史や伝統、当時の人々の心情を正しく知ってもらいたいなと受講の場で毎回思います。


11月の初回の時か12月か、はっきりとは覚えていませんが、上横手先生が言われた事でとても印象に残り、講座を受けるきっかけとなった言葉があります。それは、内藤湖南という学者の言葉「日本人を知るために、日本の古代を知る必要はありません」を引用して、上横手先生もそう考えているとのこと。【応仁の乱】つまり下克上の時代はそれを境に日本人の体質を変えた。それ以後の日本の歴史は西洋人でも簡単に理解でき得る。応仁の乱は日本の歴史を2つに分けている。それ以前の歴史、日本人の事は解釈が必要で、だから私はこうやって来ているとおっしゃった点です。そういえば、最近、呉座勇一氏の新書「応仁の乱」がよく売れているらしい。今まであまり注目されていなかったこの時代のことがクーローズアップされている本の中味が、上横手先生の指摘があるだけに気になります。


スポンサードリンク




12月12日の講座では、「国民は地方の土民」という説明のところで、昨年末、沖縄の基地闘争で大阪から現地へ派遣された警察官が、基地反対の運動者に対し、「土人」と呼んだことに関連した説明がありました。改めて言われるとそうなのか!と思ったのは、「土」という言葉には、「つち」という意味は無いとのこと。土百姓(どん百姓)、土民、、、と例をあげられ、「『土スケベ』と言いますが、その意味がないのはわかるでしょう?」と言われ参加者の笑いを誘った。日本語は日本の歴史そのものが古い故に意味を正確に捉えるのが難しいなと笑いながら思った。

後半は、【落首】、【楽書】すなわち【落書】について話が進んだ。「門・塀・壁などに文字や絵のいたずら書きをすること」だが、平安時代の初めから見られるという。政治批判の投書の役割を果たしたのがあり、ただの落書きでは無いのがあった。その他、古典に出てくる用語や言葉は、まるで今の現代人から見れば外国語みたいな気がするが、「尼公」という言葉は、尼となった女性を敬って言うことば、と言う説明を受けると「うーん!」と唸って納得することになります。


このように、1月、2月と講座を受ける中で、毎回いくつかの刺激と発見がありますが、この先また話題にすることになるでしょう。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0