So-net無料ブログ作成

お気楽にお読みください。

windy

斎藤一人さんの生き方•••••自分の得になる解釈をする [日記・雑感]

よく日本一のお金持ちと評される斎藤一人さんのことはある友人から10年位前に教えてもらっていたが、実際にyoutubeを通してお話を聞くようになったのはここ1,2年前からだと思う。本を1,2冊買って読んだことはあったが、直にお話を聞き始めると、斎藤一人さんの場合は、先ずお話や講演を聴いた後に本を読んで考え方を確認したり、アドバイスを反復するという方法がいいと思う。本から考え方を読み解こうとすると、どうしても行間の意味やニュアンスがつかめない感じがしました。勿論、これは私の個人的感想です。


斎藤一人さんは、健康食品、美容化粧品を売る会社の社長。ウィキペディアによれば、日本国内での高額納税者(長者番付)として12年間連続10位以内に入っている人物です。最近では多分個人情報を保護するため個人の長者番付は目にすることができず、ちょっと残念な気がします。平均年収は30億だとか! 余談ですが、斎藤さんはこれ迄に一円も税金をごまかしたことがない!と言い切っています。同時に、「俺たち商人(あきんど)の役目、使命は儲けることによって少しでも税金を納めこの国や世の中に役立てることだ」と断言されます。

スポンサードリンク





斎藤一人さんの話は如何にして成功を得るか、お金持ちになるかという巷のサクセスストーリーではなく、ユーモラスかつユニーク、また極めてスピリチュアル、霊的示唆に満ちているところが人気の秘密だと思います。感動した話はいくつもあるのですが、直近で心に残る話は、youtubeでのタイトルが【みんな正しい・・・得になる解釈】です。

その内容とは、正しい意見はひとつじゃない、100も200もある。この世の中は、みんな正しい。
そのことを、一人さん(斎藤さんは自分のことをいつもこう言っています)は自分の両親のことを例に挙げて持論を展開します。

スポンサードリンク





うちの親父はいつも遊んでばかりで働いているところを見たことがない。一方、うちのお袋は働いてばかりいた。(親のこと一つとっても)何かあったら、不幸の材料にしてはいけない。どう解釈してもいいから自分の得になるように解釈する。その中からいいとこだけ取るの!と力説され、成る程そういう受け取り方、解釈をして生きてきた方なのかと新鮮な学びを得ました。
一人さん曰く、「俺は親父の遊び好きとお袋の働き者の血が流れて、すごくバランスが取れている。バランスは誰がとったのでもない、俺がとったんだよ」と笑われる。「鉄筋コンクリートだとビルは100年でも持つ。鉄骨だけだとまがるし、コンクリートだけだと崩れてしまう。自分の中で、鉄筋コンクリートにすればいいの!」と言って、具体的に言われるのでお話が分かりやすく明快ですね。

「親が嫌いな人は、自分が不幸せなんだよ。(肝心なのは)親の問題ではないんだよ。なんでもいいから自分が幸せになると親のことなど忘れてしまう。わかるかな?親父がいい、お袋がいいという話ではないんだ。」
「正しい答えとは、それが解決する時正しいと言える。解決した時初めて正しいと言える。」


一人さんの話と出会う前に、実は全く同じ考えと生き方をしている年上の友人がいました。日頃彼女の生き方や人柄を尊敬していましたが、「何でも自分に都合よく考えるの。」と話す彼女の言葉が何だか今ひとつ受け入れられなくて、「そうなんですか、、、。」と答えていた私。心の底では、そんないい加減でいいのかなと反発していたように思います。しかし、年月も重ね、今こうして一人さんのユーモアたっぷりの話しぶりを何回も何回も聞き重ねていくと、賢い、というより自分も人も傷つかない生き方だなと思います。

別のCDテープの音声では、【明るい方に自分を引きずり込む】とか【自分のご機嫌をとる】ことを勧められています。斎藤一人さんのようにはお金持ちになれなくとも、一人さんの生き方を少しづつ見習うとこれまでよりは豊かな人生になるのは確かでしょう。


スポンサードリンク





コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。